FXのレバレッジとは?儲けを5倍にする魔法の仕組み

少額でも利益を出せるレバレッジの仕組み。

預けたお金の何倍も大きな取引が可能。

外国の通貨をやり取りする投資には、FXだけでなく外貨預金もあります。

こちらも円高のときに外国の通貨を買い、円安になってから売ることで利益を出せる点はFXと同じです。

しかし、外貨預金とFXでは、運用に必要な資金が大きく異なります。

たとえば、1ドル=100円のときに、円を使って1万ドルを買うとします。

このとき、外貨預金では1万ドルを買うための資金が100万円必要です。

それに対し、FXの場合はまずFX会社に担保となるお金(証拠金)を預けます。

そうすることで、預けた金額の何倍もの外貨を取引できるようになります。たとえば、10万円で100万円分(1万ドル分)のポジションを手に入れることもできます。

このしくみをレバレッジといいます。レバレッジは「てこ」を表す言葉。

つまり、少額の資金で大きな金額を動かせることを表すのです。なお、先の例では10万円の証拠金で100万円分のドルを取引しています。

このことを「レバレッジが10倍」と表します。